薄毛男子のヘアアレンジ法5選。好感度をあげるには?NGポイントは?

中年男性によくある薄毛も、ヘアアレンジのコツさえ覚えれば、実はそんなに落ち込むことではないかもしれません。なぜなら、女性の7割は「薄毛が似合っていれば好き」という調査結果もある通り、自分が気にするほど周囲はあなたの薄毛を気にしていないからです。ただしここには「似合っていれば」という条件が付いています。というわけで、好感度の上がる薄毛メンズヘアアレンジのコツをご紹介しましょう。

薄毛男子のヘアアレンジ法5選。好感度をあげるには?NGポイントは?

筆者の夫は40を過ぎる頃から薄毛(ハゲ・AGA)が進行し始め、3年経過した現在、ついにヘア減少がごまかしきれないレベルに達しました。次第にヘアスタイルを相談されることが増えてきましたので、普段アドバイスしている効果的なヘアアレンジ法と、好感度をあげるポイントについてご紹介したいとます。

1. とにかく短髪に

髪が伸びていると、毛量の少なさが強調されやすくなります。特に前髪です。ワックスなどをつけた長い髪の隙間から覗く明るい色の額(後退している)は、なんとも言えない物悲しさをかもし出します…。ですから、勇気を出して特に前髪はなるべく短くしましょう。「毛で隠す」という考えからは早く自由になった人から、前方の視界とともに、薄毛ライフは明るいものになると思います!

2. 特にサイドをできるだけ短く。トップは多めに

サイドヘアが伸びていると、頭頂部の毛のボリュームが足りない薄毛男子は、シルエットが横に広がって四角くなりがちです。このシルエットの究極型がお茶の水博士ですが、女性の視点から申し上げますとカッコ良いとは言いがたいものがあります。そこで、サイドは極力短く刈り上げることをお勧めします。そうすれば、ボリュームが少ないトップもサイドよりは、ある」状態を演出できますので、スタイリッシュに見せることが可能です。

3. 整髪料はつけすぎない!

ワックスやジェルなどの整髪料は、髪を「まとめる」ものですので、髪のメンバー自体が少なめの薄毛男子が使用しすぎると、まとまった髪のすきまから地肌が見えてしまい赤ちゃんのような見た目になってしまったり、頭頂部の薄毛を隠すために横から後ろから必死で持ってきた髪の生え際に謎の地肌ラインを作ってしまう結果になることも。使用量はなるべく少なめにしましょう。
つけないと風が怖い・・・そんな方はまだまだハゲコミット(後述)が不足しています。マインドセットを切り替えて短髪に変身することをお勧めします。
また、薄毛男子によくある顔や額の「テカリ」と整髪料をつけすぎた髪は、相性が悪すぎます。なるべくどこかにさらっとした部分を残すことが重要です。

4. 好感度UPには一にも二にも清潔感

女性は髪の量よりも清潔感を圧倒的に重視しています。どんなに髪型が決まっていても、顔がテカテカ脂ぎっていたり、体臭がきつかったり、服装がシワシワだったりすれば台無しです。
逆に言えば、いくら薄毛になっても、きちんとウェットティシュや脂取り紙でスキンケアし、デオドラントケアし、シミ・シワのない服装をきていれば好感度は十分あるということです(もちろん鼻をほじったり下品な発言をするような男性はどんな見た目でもNGだと思いますので、外見だけでなく行動・言動も確認を)。

5. 明るい配色の服を選んで

白や鮮やかなブルーなどの明るい配色の服装を選びましょう。暗い色を着ると、コントラストで頭頂部が黒じゃないことが気になってしまうからです。薄毛も含めて人生を楽しんでいることを全身で表現しちゃいましょう!(スティーブ・ジョブズ路線で黒ポロシャツはありかもしれませんが、ちょっと狙いすぎ?)
また、Tシャツよりもポロシャツ、パーカーよりもジャケットを選ぶようにすると、薄毛のオシャレ感がマシマシにできるとおもいます。なぜなら、カジュアルな服装は若さを連想させやすく、現在若い年代に流行っている髪型が重めの前髪(米津弦師をイメージ)なので、少しかっちりした路線を目指す方が、薄毛とマッチするためです。

6. 実は「ハゲコミット」が重要!

もしかしてハゲを隠してる?と思われるのって嫌ですよね。そうではなく、「あ、この方は薄毛を隠す気配はないし、別に薄毛がカッコ悪いとも思ってないんだな」と周囲に解釈されるように、薄毛を隠さず、むしろ薄毛を生かしたヘアアレンジを心がけましょう。薄毛は隠すものではなく、楽しむものなんだ!という気持ちが伝われば、誰も陰口をいう人はいませんし、笑い者にされることもありません。人は他人のコンプレックスに敏感なものなので、隠せば隠すほど注目されてしまいます…。他人の目が気になってしまう時は、女性の7割は「薄毛が似合っていれば好き」という調査結果を思い出しましょう。大丈夫!

7. 前髪アレンジできないハンデを自覚する

10代や20代の若いイケメンたちはみんなワックスで前髪をアレンジしてます。フッサフサの前髪の向こうに見えるミステリアスな瞳で女性の心を鷲掴みにしています。薄毛男子は、この路線はもう諦めなければなりません。前髪アレンジはもはや、戦えないフィールドなのだと自覚しましょう
そもそも、薄毛は早い人は30前後から始まるわけですが、それは男性ならそろそろ仕事でも責任感が増してくる年代。いつまでも重たい前髪では、年相応のダンディな頼もしさが伝わりませんよね。額を出してオトナの魅力を醸し出しましょう。さらに、輝く美しい額を出すと、金運も良くなるとかならないとか。

8. 丸刈りは最終手段

いっそのこと、坊主めくりの蝉丸のような丸刈りにしてしまおうか…。そう思ったことがない薄毛男子は、いないのではないでしょうか。でもこれはやはり、最終手段です。諦めたらそこで薄毛終了です。最後の一本が卒業する日まで、薄毛ライフを鮮やかに彩っていただきたいものです。

まとめ

我が家の夫は、額が後退し、頭頂部はザビエル化、しかも白髪も進行中の三重苦に悩むヘレンケラーおじさんです。それでも、日々精一杯オシャレを楽しんでいます。夫婦で試行錯誤しながら学んだものが、少しでもみなさまのヘアアレンジのヒントになればさいわいです。

image: Shutterstock