もしかして中年の危機?もやもやする時、みんなどうしてる?

中年期になると、誰しも何度か「もしかしてこれが、中年の危機なのだろうか?」といった思いに戸惑う瞬間がしばしば訪れます。職場や友人との会食の場などでは明るく振舞っていても、心の中ではなんとも言えないもやもやした感情がいっときも離れず、身の置き場のないような状態に悩まされている人も少なくないはずです。みんな一体どうやってこのもやもやを解消しているのでしょうか。

もしかして中年の危機?もやもやする時、みんなどうしてる?

前向きなふりして逃避してない?

ある人は、前述したような行動を行って気を紛らわせていることでしょう。何か夢中になる行動や、表面的とはいえなんらかの達成感が得られる行動、何かを学んだり成長していると感じられる行動をすることで、もやもやから目をそらせば、一時的に悩みから解放されたような状態になれますから。
しかしこれらは、むしろ中年の危機から脱出するためのルートを遠回りするような無駄な行動かもしれません。なぜなら、「老い」や「人生の終わり」という重大課題は、あなたがまんまと目を逸らしたところで、依然としてそこに存在し続けており、さらに悪いことに次第に存在感を増しているからです。いつの日か、無視できないほど巨大になってしまった課題と向き合わざるを得なくなる日が来るでしょう。
もやもやと向き合う元気を保つために前向きに生きるのは大切ですが、もやもやから逃げるための行動に走っていないか、時々振り返ってみましょう。

自己承認欲求乞食になってない?

FacebookやTwitterで炎上に参加したりメディアのコメント欄に意見投稿したりするSNSおじさん。会社の部下や家族・近所のスーパーの店員に偉そうに振る舞い悦に入っているマウンティングおじさん。こういう行動をしてしまうのは、自己承認に飢えているからかも知れません。
しかしたとえいくら誰かを言い負かしたり説教しても、あなたが生きた証や人生の手応えが増すことは決してありません。
外の世界を見れば、反応したくなる情報刺激はたくさんあります。また自分より下を見れば、威張りたくなるチャンスは無数にあります。でも、なぜかもやもやしているあなたが今見るべきものは、ご自身の内面と残された時間にのみあるのです。

サプリを飲んでごまかしてない?

気持ちが前向きになる、ぐっすり眠れる、腸内環境を整える、疲れが取れて元気がみなぎる、かすみ目が改善する、腰痛膝痛が楽になる、尿漏れが緩和される、精力増進・・・飲むだけで悩みが軽くなるサプリがたくさん販売されていますよね。
しかしながらこれらのサプリができるのは症状を緩和することだけです。あなたが老人になることをSTOPさせたり、いつか死ぬという現実をなかったことにはしてくれません。それを忘れてはいけません。
中年の危機のもやもやの正体は自分はいつか死ぬんだと実感として悟ることからくるものです。ですから、それを実感させるに至った症状を緩和させても、一時的に楽になるだけです。いつか、誤魔化せない日がくることをお忘れなく。

笑えない自虐ギャグでごまかしてない?

「もうジジイだからさ」「字が小さくて読めなーい!」「墓場に片足突っ込んでるからね」などなど、年老いた自分を笑ってもらおうと自虐ギャグを言ってしまうことありませんか?これは、今すぐやめたほうがよいと筆者は思います。
理由は2つ。まず、これを言われた若い人は絶対にあなたを笑えない、絶対に笑ってはいけないことなので、対処に困ってしまうからです。
そしてもう一つ、人前で老いた自分自身を笑いものにすることは精神衛生上あまり良い効果を与えません。「老い」にはたくさん良い面もあるのに、ことさら悪い面だけに焦点を当てるのはなぜなのでしょうか。それこそ、あなたが「老い」の本質をまだ理解できていない証拠。「老い」の真の意味を理解し、ついに中年の危機を乗り越えた頃には、そんなセリフはいつしか出なくなっているでことでしょう。

じゃあ、どうすればいいの!?

中年の危機のもやもやは、逃げてもごまかしても無駄です。なぜなら、誰もがいずれ死すべき存在だからです。そう遠くないいつか、もやもやを必ず無視しれきない日がきたことを悟ることになるのです。
では、どうすればいいのか。目を背けずに、「もやもや」の正体を突き止めることです。「老い」や「死」について考え、今はまだ理解に至っていない何かを知ることで、初めて中年の危機は終わりを迎えます。
ご一緒に、もやもやの正体を見極めて参りましょう。

image: Shutterstock.com