ショック!俺もう若くない…中年を自覚するきっかけあるある18連発

40代になると、ある日突然「あれ、俺、もしかしてもう若くないのか…!?」「俺もうおじさん!?」と、ショックを受ける出来事が襲いかかってきます。いったいどんな時に中年になったと自覚するのでしょうか?

ショック!俺もう若くない…自覚したエピソード

疲れやすくなった・徹夜できない

10年前は仕事でもプライベートでも連続で徹夜したりクラブで朝まで遊んだりできたのにおかしいな…酔うとすぐに眠くなるぞ。飲み会も翌日の予定を気にして、早く帰ろうかな、なんて思い始めている自分にちょっと悲しくなる。

食欲減退・消化できなくなってきた

学生時代は小鍋片手にラーメン次郎に通ったものだ。しかしあれも、今となってはもはやただのオブジェにしか見えない。アリアリマシマシ?いや、ナシナシ。

今会社のお土産のスイーツもオブジェに見える。トンカツはアートに見える。

高校時代よくファンタなんか飲んでたもんだ。あれただの砂糖水じゃん?

酒が飲めなくなってきた

昭和の一気コールも今やいずこ。最近じゃ「とりあえずビール」なんてだぁれも言わない。「俺の酒が飲めないのか」なんて言った日にゃ、翌日人事に呼ばれる始末。ま、よかった。自分自身が酒飲めないんだから、時代がついてきたってことで。

字が小さくて、読めない!

この酒アルコール何度だっけ?

えーっと、オススメのメニューは…?

このパスタのゆで時間は?

今月の売り上げ目標数字は?

このパン糖質どれだけ入ってる?

この胃薬一回何錠?

…字が小さくて、読めナァァァーイ!!

性欲・異性への興味が減ってきた

学生時代は「しずまれ!俺の性欲!」と封印するのにさんざん苦労したあいつが、最近あまり顔を出さなくなった。もはや行為までのプロセスすらもめんどくさく感じる。

そしてついにアイドルが全部同じ顔になる病を発症してしまった。

同年代のタレントやスポーツ選手が病気に

ジョン・レノンも松田優作もZARDの坂井泉水も、40歳で亡くなった。自分がその歳を追い越してしまったことに心底驚く。

最近はガンや難病になる同年代のニュースも増えてきた。健康バラエティ番組には往年のアイドルがひな壇に並んでいる。TV離れしてない世代なもんで。

ネットの広告がシミ・薄毛・肥満対策ばかり

若い後輩が「このサイト、エロい広告ばっかでるんですよね」というから見てみたら、シミ・薄毛・肥満対策商品の広告ばかり出た。そうか、これがユーザーターゲティング広告ってやつか。

顔を見てもすぐに名前が思い出せない

知ってるんだけど名前が出てこない。最近、唾を飲み込む時はすぐ変なとこに入ってむせるんだけど、名前は出てこない。1時間後とかに思い出せると、すごく気持ちがいいんだけどもうその時には誰もその話してない。

昔のアルバムの写真が黄ばんでいた

年末に押入れを掃除していたら、子供時代のアルバムが出てきた。懐かしい〜とページをめくったら、写真がセピア色に…。色褪せた写真って、自分の親世代のアルバムでは見たことあったけど、ついに自分もセピアになったのか…。

職場の若い子の親の年齢がニアミス

今年入社の新入社員、親御さんの年齢を聞いたら1歳しか違わなかった。一瞬、あまりのショックにリアクションできなかった。

ちょっと前の思い出が10年前だったりする

ちょっと前に流行ったよねー。と言った話が若い子に「懐かしい」「ふるー」と言われた時は固まるしかなかった。あれからもう10年経つのか…。

運動と関節痛と療養のデス・スパイラル

このままじゃいけない、とジムに通い始めたが、あちこち関節が痛くなり、整骨院通いし様子みる。しかしこのままじゃ痩せられない、とまたジムに行き、別のどこかが痛くなり整骨院へ。その繰り返し。何やってるんだろう。健康になりたいのに、いつもどこかが故障中。

次郎が食べ物に見えない…あれ?

昔はあんなに美味しかった次郎がね。小鍋を持って言ってた次郎がね、もうオブジェにしか見えない。

あれ、この話さっきしたっけ?まあいいや。

森高千里がおばさんになってた

私がーおばさんにーなーっても♪て、なっとるやないかーい。でも、美人のままだった。むしろ、おばさんに「連れてって」と言われる男でいられるか。海に入ったら額が隠しきれない。こっち側の変貌のほうも問題。

ドラえもん・サザエさんの声がちがーう!

一人、また一人と声が変わっていく。しまいには、絵柄も変わり、テーマソングも変わってしまった。ほぼ別物に。そういえば自分も子供の頃、怪物くんとかオバQとか妖怪人間ベムの再放送見て「何これ古い」と思ってたなぁ…。

若い子に「スラムダンクって何」と言われた

「諦めたらそこで終了だよ」って言ったら「なんの試合ですか」って聞かれた・。

ちょっと漏れる

なかなかトイレが終われない。もう終了したと思って出てきたらちょろっと濡れることがあるため。でも誰にも言ってない。薄いグレーは履かないようにしている。みんな、どうしているんだろう?

健康診断の結果に怯える

30代までは、オールA判定が当たり前だった健康診断。それが、一つ、また一つと基準を超え始める40代。今じゃ、血圧、血液検査の結果はもちろん、バリウムもレントゲンも、どれもこれも引っかかるかもしれないなんて怖すぎる。検診前の数日お酒やめたって焼け石に水。

数ヶ月たって忘れた頃に郵送されてくる健康診断の結果を開封する時は、小学校の終業式の時にもらう通知表よりもドキドキする。不整脈かな?結果、メタボ指導に指名され、ドラフト指名気分に…ナレマシェーン!

まとめ

年齢を重ねると、老いを感じてちょっと悲しくなることもありますが、おじさん・おばさんになるのはあなただけじゃありません。人間は、みんなおじさんおばさんに、そしておじいさんおばあさんになるのですから、生きていれば必ず誰もが通過する人生のプロセスを、ちょっと笑えるくらいの余裕を持って過ごしたいですね。

なかなかユーモアにできない、深刻な気分の方のために、最後に中年世代の大先輩・おじいさんおばあさんのオモシロシルバー川柳をいくつかご紹介しましょう。

Siriだけは何度聞いても怒らない

無宗教今は全てが神頼み

懐メロが新し過ぎて歌えない

デイサービス「お迎えです」はやめてくれ

 

シルバー川柳(公益社団法人全国老人ホーム協会)

image by: sunabesyou,Shutterstock.comより

おすすめ記事
たった2週間のHIT・1日1万歩で中年太りを解消できた!ダイエットレポート