れいわ新選組の山本太郎は、迷える羊・ロスジェネの救世主だ

7月21日(日)に参院選の投票日をあと数日に控えた今、SNSを中心に「山本太郎現象」が拡大しています。たった一人で立ち上がった山本太郎と、彼の掲げる理想に共鳴した10人のあまりにもバラエティに富んだバックグラウンドの仲間たち。彼らは、まさか誰もが絵空事だろうと思うようなとんでもない高い目標をデータに基づく戦略とともに論理的に掲げ、支援団体も一つもないのに一般市民からの3億円を超える寄付金を集め、遊説にいく先々で非常に多くの聴衆を集め、SNSのツイート数は自民党に次いで2位になる人気ぶりです。「#れいわ祭」というハッシュタグが、一時日本でトレンド1位世界6位になるなど、その注目度は、選挙が近づくにつれて高まる一方です。

Copyright © 「れいわ新選組」オフィシャルウェブサイト

ロスジェネよ、これが山本太郎現象だ。

山本太郎の演説は、右・左・アンチ誰でもこころが動く

彼らの掲げる実現目標は、「消費税廃止(下げる、でも凍結でもなく廃止!)」「奨学金徳政令(550万人が苦しんでいる奨学金ローンをチャラにする!)」など、大胆かつユニークなものばかりですが、それらの目標に通底しているのが「社会的弱者への圧倒的な配慮」です。
この国の政治には愛と金が足りない」。そう叫ぶ山本太郎氏は、演説中のヤジや質問にも一つ一つ丁寧に対応します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

れいわ新選組さん(@reiwashinsengumi)がシェアした投稿

「クソ左翼死ね」というヤジには「ありがとうございます。クソ左翼死ねというお言葉をいただきました。死にたくなる世の中を変えたいために私は立候補してるんだ。みんなに生きていていただきたい。」と返しました。演説中に「やめろ」と行っただけでその人をSPが取り囲み排除するような某首相の対応とは正反対、右の頬を打たれたら左の頬を出すキリストのような広い隣人愛がそこにはありました。

また、れいわ新選組のロゴマークに猫の肉球が描かれていることからもわかるように、動物にも愛を忘れません。「死にたくなるような世の中で、ただ存在してるだけでいいんだって教えてくれたのは猫ちゃんなんですよ!自分らしく生きるっていうのは猫ちゃんから学ばなきゃいけないと思うんですよね」と、「生きて欲しい」「死なないで」というメッセージは、動物にも等しく注がれています。まるで釈迦のような深い慈悲心をお持ちです。

彼の思いに、多くの有名人・知識人も共鳴し、続々と賛同を表明しています。

今のところ「れいわ新選組」の政策は全て納得できるので、一票投じるかもしれない。

出典:小林よしのり「羽鳥慎一モーニングショーが良かった」

消費税を廃止しないとロスジェネ世代が死ぬ!

そして山本太郎さんは、中年の危機を迎え、仕事や老後の心配でたくさんの不安を抱えたわれらロスジェネ世代にも、等しく愛を注いでくれています。

「20年間もデフレ状態の国は世界を見渡しても日本だけ。実質賃金は下がり続け、人々の生活も地盤沈下している惨状のなか、消費を冷え込ませる消費増税は、国家の自殺行為です」そう語る山本太郎さんの視線は、この20年の落ち込みの影響を人生の最盛期にまともに食らったロスジェネ世代にも等しく注がれています。

あなたに何が出来るの? あなたは国の役に立ってる? 会社の役に立ってる? 家の役に立ってる? 常に言われるのは、マウンティング

生きてていいのかさえ思わされる。 そんな世の中に生きてるのが、もう嫌なんだよ!

それを救えるような政治を作りたいから、今ここに立ってるんですよ!

このメッセージは、ロスジェネ世代が長年ずっと苦しめられてきた「こころの声」そのものではないでしょうか。ろくなキャリアもスキルなく、貯金もなく、居場所もなく、若さもなく、途方に暮れているロスジェネ世代のこころに強く強く響くフレーズなのではないかと思います。

れいわ新選組の当選順位にも、実に愛があります。

比例代表「特定枠」の1位に筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者のふなごやすひこさん、2位に重度障害で車椅子生活の木村英子さんを並べているのです(山本太郎さんは3位)。このお二人は、誰かの介助がなければ生活できません。そんな方々を自分よりも先に、本気で国会に優先的に送り出したいと願う山本太郎さん。これぞ救世主級の自己犠牲精神。

その願いはすでに届き始め、現時点でふなごさんの国会入りはほぼ確実と予想されています。人を地位や見た目や能力で判断せず、命そのものの価値と、秘められた可能性を信じ、力づけ応援する一貫した山本太郎さんの姿勢は、病気の人々を癒し死者を生き返らせたイエスの奇跡にも似た強い愛を感じさせます。そのパワーは、演説を聞きに来る人々を驚くほど元気にさせる力を持っているようです。

山本太郎さんとれいわ新選組の候補者の優しく強いエネルギーがSNSや動画、リアルの演説などを通じて人々に届き、今まで政治に関心のなかったような人々を含め、たくさんの市民を、想像を超える勢いで実際に動かしはじめています。

まさに草の根の市民運動によって、国民が本気で国会へ送り出したいと思える候補者、それが山本太郎と仲間たちなのです。

超高齢化社会で、これから貧しいまま不安を抱えて年を取っていくロスジェネ世代が、たとえ寝たきり状態になっても、希望を持って豊かに幸せに生きられるような安心できる社会を作っていくぞ、彼らはそんな強い意気込みを感じさせてくれます。
興味を持ったあなたは、ぜひ明日金曜、新橋SL広場で行われる「れいわ祭2」に足を運んで、そのエネルギーを感じてみては。同じロスジェネである山本太郎さんのパワフルな姿と、どちらが応援されているのかわからないほど人を元気付ける演説で、元気がみなぎってくるかもしれません。

「れいわ新選組」オフィシャルウェブサイト
https://www.reiwa-shinsengumi.com/