たった2週間のHIT・1日1万歩で痩せた!中年太り解消ダイエットレポート

40〜50代になると、身体の基礎代謝が低下し、だんだん痩せにくく太りやすい体質に変わってくる人が多いですよね。40代後半の筆者も例に漏れず、年々身体が重くなってきました。若い頃は自称「食べても太らない体質」だったのに、今じゃわずかな間食や飲み会であっという間に体重増。なのに、毎日ジムに行ってもなかなか痩せない、ていうか忙しくて行けない…。
しかし今回、こんな中年太りの筆者が、まさかの短期間ダイエットに成功できました。そこでみなさんに「HIT」プラス「1日1万歩」ダイエットの方法と成果をシェアしたいと思います。

最近話題のHITとは?

HITをご存知ない方は、ぜひこの機会に覚えてください。これは本当に画期的な運動法です。HITとは、高強度インターバルトレーニング(High-intensity interval training)のこと。

インターバルトレーニングの拡張形で、不完全回復をはさみながら高強度・短時間の運動(無酸素運動)を繰り返すトレーニング方法である。

一般的なパターンでは、高負荷と中負荷の時間の比率を 2:1 にするやり方で、例えば、30〜40秒の高負荷スプリントの後、15〜20秒のジョギングもしくは徒歩を行う。

高強度インターバルトレーニングの全体は合計4〜30分にする。これは、時間が限られているときに、最も効率的なトレーニング方法であると言える。

出典:Wikipedia

HITとはたった4分程度の短時間の簡単な体操で、継続的に脂肪が燃焼し続けるという夢のようなエクササイズ。激しい負荷のトレーニングを数十秒やって、休憩する、これをほんの少しだけやると、一日中体内の脂肪が燃焼し続けるらしい。なお筆者が参考にしたのは、下記の記事に載っているごくごく簡単なエクササイズ。

1日4分 話題の筋トレ「HIIT」で体脂肪が落ちる
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO11481080Q7A110C1000000/

出典:日経スタイル

面倒臭がりな筆者は、この記事にあった運動を全部細かくやるのが面倒だったので「要は腹筋・背筋・腕立てと横スクワットでしょ」と理解し、それを20秒ずつ2セット行うことにしました。

運動した時間帯は基本的に朝晩とし、忙しい日でも朝は欠かさず、逆に暇な日は朝昼晩やったり、かなり適当でした。何しろたった所要時間たったの4分ですから、歯磨きやゴミ捨てと同じ感覚で、慣れてしまえば気軽にトライできました。

HITだけど・・・負荷はそんなにかけない

筆者のHIT実践を専門家の方がみたら「ちゃんとやれ!」とおっしゃるかもしれないくらい、負荷は軽めにやりました。腹筋は頭が床からちょっと上がった状態を5センチも持ち上げられたらいいや、という程度、腕立ては堂々と膝つきで。

苦しいと続かない。だから、苦しくなるちょっと手前に止める。ただし「普段使っていない筋肉が今頑張ってるな、立派立派!」という「やってる感」を常に意識するようにしました。

HITに「1万歩ウォーキング」を加え、2週間実践!

筆者はHITと同時に1万歩ウォーキングも一緒にトライしました。これはなぜかというと、実は中年ならではの動機です。若い頃のようにただ痩せるだけではなく健康になりたかったからです。脂肪を燃焼させるだけでなく心肺能力も高めたい、という目的から歩きを組み合わせました。結果から言うと、この1日1万歩とHITの複合技が、とても効果的だったようです。

スマホより、万歩計がおすすめ

最近ではスマホアプリで歩数を計測できるようですが、スマホで計るとついついメールチェックしたりニュースアプリを読んでしまったり・・・と時間を奪われてしまうので、ネット生活とウォーキングをきちんと切り離すべく、万歩計やスマートウォッチを購入することをおすすめします。手で触れる歩数計があることで、ウォーキングすることを常に意識することができるので三日坊主にならずに続けられます。

1万歩も、コツコツ歩けば以外と貯まる

1日1万歩といっても、日中は仕事で忙しい筆者の場合は「ながら1万歩」。例えば朝起きてニュースを見ている時間や、夜ドラマを見ている時に「その場足踏み」をしても、夫とラーメン屋に出かけるために歩いただけでも、万歩計がカウントしてくれたらそれでOKとしました。夫は「もっとモモをあげたら?」などとアドバイスしてくれましたが無視して適当歩き。しんどいと続かない、これが鉄則なので、歩きに関しては負荷は一切気にせず、歩数も「だいたい1万歩前後」でいいや、というノリでいきました。

結果・2週間でどれくらい痩せたか?

やや身長の高い筆者、若い頃は50kg台前半だったのに、ここ数年で青天井で太り始めてしまい、2週間前にはついに68.2kgの数字を体重計で目撃していました。それがこのHIT・1日1万歩を実践した結果・・・

68.2kg => 65.4kg !!

なんと!
2週間で2.8kgもの減量に成功しました。
これまで何をやっても体重が減らなかったので、これには自分でも驚きました。

痩せたよりもいい効果がこんなにたくさん!

体重が減って非常にうれしかったことに加え、この2週間で様々な副次的効果が得られました。あまりにもたくさん良いことがあったので、この感動を忘れないうちにここにメモしておきます。

ウエストのくびれが復活した

久々に風呂上がりの鏡を見てびっくり。懐かしくも美しいくびれがそこにはありました。まだまだお尻や太もも、二の腕にはお肉が残っているので、これからではありますが、このくびれには大いに元気が湧いてきました。

ごはんが美味しい、お腹が空く

いつからでしょうか、朝のムカつきや食後の胃もたれが当たり前になっていたのは。今では、ご飯前はお腹がぐぅぅ〜と鳴るし、どんなおかずも感動的に美味しい!ので残さず食べても、全然もたれません。

階段を軽々と上れるようになった

駅のエレベーターやエスカレーターを探していた自分はもう過去の人、今では地下鉄のホームから地上まで階段を駆け上がってもほとんど息が上がりません。

夜ぐっすり眠れるようになった

数ヶ月前からついに眠りが浅くなんども目がさめるようになってきて、「これが老化というものか・・・」と悲しくなっていたのですが、HITダイエットを始めてからは本当に深く眠れています。

早起きできるようになった

そして朝は目が覚めたらすぐにカーテンを開けて、朝の支度に取りかかれます。二度寝するのがもったいない。そんなウキウキした気分になるんですよね。よく寝たから。

背中肉が減っておしゃれの幅が広がった

ブラの上下にはみ出る肉。あいつのせいでフィットしたTシャツを着られなくなっていた最近。今ではあまり「はみ肉」も目立たなくなったので、着られる服が増えました。

肌のくすみがなくなった

朝起きて驚くのが、肌のツヤと血色の良さ。最近目の下のクマがひどくなって、シミが目立っていたのですが、ウォーキングで血行がよくなって老廃物が排出されたからか、化粧ノリもよい肌に改善。

気持ちが前向きになった

そりゃこれだけ効果があれば前向きにもなりますよね。それに加え、だるさがないので行動的になり、身軽に家事や仕事に着手できるので時間ができ、今ではいくつかやってみたかった趣味や勉強を新たに始めています。

二重あごが消えた

「あれ?二重あごがなくなっているよ」と、夫が教えてくれました。2年ほど前から困っていた襟元の肉が、触ってみたら消えていました。

いびきが消えた

あご周りの肉が減った結果、いびきが減ったようです。これが深い安眠につながっているのかもしれません。

腰痛が消えた

どんな姿勢をしても痛んでいた腰回りの痛みが、日を追うごとに薄らいでいき、ついに完全に消え去りました。マッサージやストレッチは散々トライしてきましたが、腹筋や背筋を鍛えることが基本だったんだなぁと改めて実感。

最後に、一番うれしかった効果

一番うれしかったダイエットの成果が、夫が近づいてくるようになり、なんだかやさしくなったこと。週末の映画デートにも誘ってくれました。普段も家で歯磨きなど何かしていると夫が後ろからジャレてきます。いままでより、女性としての魅力を感じてくれているのかもしれません!?

まとめ・ものすごく軽い負荷でも、続ければ結果が出る!

HITはだれでもその辺で今すぐ始められるとてもとても簡単なエクササイズ。そして、おなじく簡単な「歩く」という運動を足したら、たった2週間で良い結果がたくさんあった、というダイエット体験レポートでした。もしかすると、血圧や中性脂肪などの数値も改善されているかもしれませんが、それは次の健康診断までのお楽しみということで、自分のベスト体重を目指して引き続きエクササイズを継続していきたいと思います。続編レポートをお楽しみに!

HITにご興味をお持ちの方は、ぜひトライしてみてくださいね。ただしご自身の体調にはくれぐれも気をつけて、慣れるまでは膝や腰などにはご注意を。

image: Shutterstock

おすすめ記事
「中年」は何歳から何歳まで?おじさん、おばさん、初老、の定義に驚いた! 
ショック!俺もう若くない…中年を自覚するきっかけあるある18連発
会社で若者に嫌われている自覚がないロスジェネ40代の残念な特徴