44歳女性が交際男性との復縁を目指していたら結婚できた!理想のステップ

ロスジェネ未婚女性の大きなお悩みの一つに婚活があります。なぜ婚活が大きな悩みなのかといえば、20代の頃より結婚したい気持ちが切実になるのに反比例して20代の頃に比べて良い結婚相手に巡り会う確率が非常に低くなってしまうからですよね。でも筆者の知人で、40歳・44歳の時に、振られた相手との復縁を目指していたらいきなり別の理想の男性と結婚することになり、5年ほど経過した今でもとても幸せに暮らしているた2人の女性がいます。その方々の体験談を元に、40代で自分にぴったりの結婚相手に巡り会うヒントをご紹介します。

40代女性が結婚相手に出会う前に遭遇した出来事の共通点

あれこれ婚活を試みていた

2人とも、40歳の大台に乗ったあたりから結婚を焦り始め、様々な方法で結婚相手探しを始めていました。友人知人の紹介はもちろん、婚活サイトに登録したり、結婚相談所に登録金を払ってお見合いを試みたり、時には占い師のところに相談に行ったり、しまいには出会い系アプリにトライしたり、できる限りの方法で結婚相手探しをしていました。しかし、40歳を越えると男性側の需要は多くはなく、また結婚を済ませている人も多いため選択肢も限られてきます。お見合いやデートではかなりの苦労をしていたようです。中にはコントのような笑い話もありますが、それはまた別の機会に。

結婚が期待できそうな相手に知り合っていた

数ヶ月の努力のあと、2人とも「もしかして彼が私の王子様?」と思うような理想の相手と巡り合っていました。外見もすらっとしていて人当たりも良く、安定した職業だったり、家が資産家だったりと経済面でも申し分ない夢のような相手でした。一気に恋愛が盛り上がり、プロポーズももうすぐかという期待から、ハートだらけのLINEスタンプを送りまくってきてましたね。

こっぴどい別れ方をしていた

しかし、2人とも別れちゃいました。1人は1年、もう1人は1年半。これぐらい付き合うと、男性は急激に燃え上がった恋の炎が次第に弱火になってきて、マンネリ化が始まったようです。男性は減点主義と言われますが、盲目フェーズが過ぎた恋愛は、駄目出しの連続になりがちですよね。2人とも、男性から別れを告げられました。いや〜、40歳を過ぎた女性にとって、この年単位の時間の喪失というのがどれほどの痛恨のダメージか、相手の男性は理解していたのかどうか…。

復縁を成功させるために必死に自分磨きをしていた

彼女たちは、この失なわれた1年を無駄にできないと、必死で復縁を試みました。いわゆる、「悪いところがあったら直すからーーーー!!!」っていうアレです。それはもういじらしい努力でした。だんだん油断してきていた外見を再び磨くために、ダイエット、ファッション、メイクなどあらゆる点で改善をし、相手の男性にまた会って欲しいと必死で連絡し、相手の好きな話題をメモまでして楽しませようと努力していました。またしても占い・恋愛相談にもはまり。。。これ全部、復縁のためには一番やってはいけない重い行動ですけども、本人たちはその自覚なく、とにかく真心でなんとか振り向かせようと必死でしたね。
ただ、相手の男性が他の女ともう付き合い始めているのではないかと疑って、12月に職場の前で3時間待ち伏せしたと聞いた時はさすがに止めました。

復縁を諦める段階に達していた

努力もむなしく、相手の男性はまったく振り向く気配はなく(そりゃそうですよね)、むしろさらに避けられるようになっていきました。彼女たちも、その虚しさに気付き始め、或る日突然、「もうやめた!」と、きっぱり追いかけるのを止めました。こうなると女性というのは切り替えが早いですよね。急に今までの暗さも重さもなくなっていきました。
逆に、追いかけられなくなった男性の方が体調を崩したり仕事で失敗したり、不調になったそうです。男性側は女性の好意に無意識に「俺の女」と慢心していたのかもしれませんね。

探していないのに男性に出会った

彼女たちはもう「結婚、どうでもいい!」の境地に達していました。次の男性に出会ったのはその頃でした。1人は趣味のイベントで、もう1人は近所で買い物をしていて声をかけられたのでした。1人で買い物に出かけた女性は、その時スッピンで、ユニクロのダウンを適当に来て、ヨレヨレの買い物袋を下げて歩いていました。男性にモテようなどという気持ちは1ミリもアリマセンでした。ではなぜ声をかけたのでしょう? のちに夫になった男性2人に聞いてみたところ「なんだか楽しそうで優しそうだったから、いけるんじゃないかと思った」という単純で素直な感想でした。

40代女性の結婚相手の共通点は?

年下の男性

2人とも相手は4歳・6歳年下でした。これはたまたまかもしれませんけど、経験値が女性より少ない年下だと最後の結婚に至る時に上手く誘導できるのかもしれません。

少し老化を気にし始めていた

これもたまたまかもしれませんが、2人ともうっすら薄毛が始まっていました。男性も、モテ要素が消えかかってくると、女性同様、焦りが生まれるのかもしれません。

家事が苦手、食べることが好きな男性

これはおそらく結婚に直結するポイントだったと思われますが、いずれの男性も、家事が苦手で家の中がごちゃごちゃなタイプで、さらに美味しいものを食べるのが大好きでした。自分にない才能を相手が持っていて、それが自分の喜びに直結していれば、共同生活への期待が膨らみますね。

40代女性がスピード婚に至るまでの共通点

知り合ってすぐに付き合い始める

2人とも、恋愛・結婚への執着がすっかりなくなって、半ば女を捨て始めていたにもかかわらず、出会ってすぐに付き合い始めました。具体的には、2回目のデートではもう深い関係になっていたそうです。出会った瞬間から完全な自然体でコミュニケーションしていて、しかも肉体関係を駆け引きに使っていないのに、相手からナチュラルに「付き合おう」という申し出を受けています。

早い段階で男性の友人に紹介される

これも2人の体験の共通点ですが、3回目のデートくらいから、2人だけのお出かけから、男性の友人を交えたイベントに変わっていきました。自然体の彼女たちは、男性の友人たちとも自然に交流し、良い関係を作っていました。

付き合って1ヶ月で同棲し始める

付き合い始めて1ヶ月くらい(その間デート5回、7回だそうです)で、早くも同棲が始まりました。経済的に自立し親の反対もない大人の2人の同棲になんのハードルもありません。
同棲に関しては、ここが一つのポイントだと思うんですが、部屋はコンパクトなワンルームのキッチンではなく、コンロの数が2~3個ある割とちゃんとしたキッチンであったこと。これが、2人の生活を食事で豊かにするための重要な小道具になったのではと、筆者は分析しています。

同棲して3ヶ月で結婚が決まる

2人とも、3ヶ月で結婚が決まりました。どちらも、結婚を提案したのは女性の方でした。そろそろ結婚してよ、と詰め寄ったらあっさりOKされたようです。ここで、男性が年下であること、家事などが苦手なことがメリットになるかもしれません。

まとめ

こうして44歳、40歳の2人の女性は周囲がびっくりするほどの速度で結婚を叶えました。旦那さんとはずっと仲良しでインスタには頻繁に美味しそうな手料理の写真がアップされています。

あくまでサンプルは2人ですからこれが絶対的な結婚成就の法則とは言い切れませんが、40代女性がスピード結婚を成就するためには、相手選びと恋愛期間に以下のような要素があると有利なのではないでしょうか。

  • いったん結婚を諦める=>執着が取れれば自然体になれる
  • 老け始めた男性と付き合う=>大事にしてもらえる
  • キッチンは大き目が良い=>美味しい料理を振舞う
  • 早めに同棲・早めに結婚=>彼の気持ちが冷める前にたたみかける

婚活中の読者の方にぴったりの良い相手が見つかりますよう、心より応援いたします。何かの参考になれば幸いです。

IMAGE: PIXNIO