【最新】2020年の運勢・西洋占星術でみる12星座別の仕事運・恋愛運

2020年は、占星術上でのビッグイベントと言われる重要な星座の配置「ステリウム(3惑星集合)」が予定されています。これは、多くの星座に様々な変化をもたらす可能性があります。そこで、星座別に影響を与えると思われる天体イベントを見ながら、今年起きそうな人生の変化を予想してみました。

星座別にみる2020年の運勢

おひつじ座の2020年の運勢

仕事運:厳しい試練の星・土星が滞在し、冥王星も運行中のために過去2年間苦しい状況にあった牡羊座も、6月後半からやってくる火星の支援でようやく光が差し始めます。昇進や待遇改善、新規プロジェクトへの抜擢が期待できます。ただし逃げの姿勢で焦って動いたり、不本意な出来事に感情を爆発させると良い結果に繋がりませんので辛抱を。根気よく、目標を持って過ごしましょう。

恋愛運:火星の応援であなたの魅力が輝きます。一方で火星の激しいパワーによって、知らぬ間に人を傷つけてしまったり、危ない恋に走らないように注意を。2021年からは先輩や後輩との関係が良好に変化していきます。

おうし座の2020年の運勢

仕事運:冥王星が牡牛座に有利な位置にあと4年間滞在。仕事面は順調です。同じく滞在している土星が、プロジェクトの達成をサポートします。一方で、変化をもたらす星・天王星も滞在中。早ければ今年中に人生になにか大きな変化が起きそうな予感。転職の可能性もあります。頑張れば頑張っただけ成長できる運気なので、ワクワクする波に乗っていきましょう。

恋愛運:人生がドラマティックに展開していくにつれて、付き合う友達がガラリと変わる人もいるでしょう。年下の誰かとの電撃的な出会いの予感も。その人が自分にふさわしいのかどうか、よく直感を働かせて。

ふたご座の2020年の運勢

仕事運:スクエアを形成中の海王星の影響下にあるふたご座の現在のテーマは「信頼」です。あなたが誠実で、言動に裏切りがないこと、同僚や取引先と嘘のないパートナーシップを築くことが幸運の鍵。こまめにメモ・記録をとっておくことがトラブル対策になりそう。6月後半から火星がやってきますので、ビジネスアイデアに恵まれ、動き出す金星が新しい契約の機会をもたらしそうです。

恋愛運:春から夏にかけて火星が滞在しロマンティックなシーズンになりそうです。でも、不誠実な関係・道ならぬ恋が明るみに出る可能性が高まっていますので、くれぐれも深みにはまらないように気をつけましょう。

かに座の2020年の運勢

仕事運:木星、土星、冥王星と、蟹座に3つ以上の星があつまる「ステリウム(惑星集合)」が発生。IT関連のスキルアップに最適の時。仕事でチャレンジ・ハードワークが待っているかもしれませんがその先には着実な成功が。コミュニケーションと体調ケアが幸運につながりそうです。

恋愛運:モテ期が到来。新しく出会う人のなかにあなたの運命的な相手が。結婚の可能性も高い年です。ただし、相手が何か別の目的で近づいてきていないか、長く付き合える相手なのかどうか、冷めた視点で理性的にチェックを。不信感を察知したら離れましょう。

しし座の2020年の運勢

仕事運:2019年、あれやこれやと整理をしてきた獅子座ですが、今年も引き続き様々な調整をしなければならない年です。仲良くできる同僚とは楽しく過ごせますが批判したり敵対してくる同僚とは険悪なムードに。何年か前に立てた大きな目標は実現しそうですが、いざ現実化してみると予想より大変なことが多くて、ため息が出そう。6月末以降は火星の影響で展開が早まっていきます。何事も早めに動くと良さそうです。

恋愛運:出会いと別れの予感。前半はお仕事モードがメインな獅子座も、後半は次第にロマンティックな気持ちに変化しそうです。ただし、仕事上の変化や引越しにともなって突然離れていく関係があるかも。

おとめ座の2020年の運勢

仕事運:牡牛座の天王星のグランド・トラインの好影響、木星・土星・冥王星のステリウム(惑星集合)の支援で、昇進やキャリアアップなど頑張ってきたことが具体的な成果となって見えてきそうな年。せっかくの幸運期のパワーを受けるためには、あれこれ目移りしたないことがポイント。ぜひ目標を年始に立てておきましょう。

恋愛運:大勢の人たちと楽しい関係を築ける時。尊敬できるメンターに出会えたり、逆に後輩の誰かに的確なアドバイスをしたり、上下関係でよい発展がありそうです。魅力がアップしますので、あなたの魅力に惹かれた誰かからのアプローチもありそう。パートナーは変化するあなたを見て惚れ直すかも。

てんびん座の2020年の運勢

仕事運:昨年に続きハードワークの予感。さらにコントロールできない外部要因による調整や変更によって変化の波を受けそうです。しかし春から夏にかけて事態は改善し始め、年末にもう一波乱ありそうですが、来年以降には現在の悩みがすっかり晴れているでしょう。

恋愛運:木星・土星・冥王星が天秤座の「家・家庭」を支配する第6室に集合しますため、2020年の天秤座は仕事よりも家庭のことに関心が高まりそう。土星の影響で、家族の誰かに重大な変化が起きたり、インテリアを改装する可能性が。木星の影響で同居家族が増える・子供ができるかも。パートナーとお金のことで喧嘩しそうですが、きちんと話し合えば解決できそう。春から夏は、懐かしい人たちと久々の再会を。

さそり座の2020年の運勢

仕事運:魚座の海王星、木星・土星・冥王星のステリウム、牡牛座の天王星が蠍座を全面バックアップ。超がつく幸運期となりそうです。直感が冴えわたり、複数の仕事やビッグプロジェクトをなんなくこなし、部下育成にも余念のないあなたに信頼が集まり、昇進など大きな成功がもたらされそう。

恋愛運:昨年に引き続き、今年も旅先で愛情が深まる年。一方で、パートナーか蠍座のあなたのいずれかの仕事に変化が起き、その影響で心変わりの可能性が。多くの人と良好な関係を築ける年だけに、誰を選ぶかは慎重に考えて、軽はずみな行動には気をつけましょう。

いて座の2020年の運勢

仕事運:土星・木星・冥王星が射手座の「財政」を司る第2室に入るため、今年はお金のことが重要なテーマになります。金銭の貸し借りはできるだけ避けましょう。返済されない・返せないというトラブルに発展するかも。創造性が増す7月以降は、賞金をゲットするビッグチャレンジに好機。

恋愛運:火星がロマンスの第5室にやってくる2020年は、間違いなく恋の季節。だけどそれ以上にあなたの心を支配するのは「人生の目的とは?」「死とは?」といった哲学的・スピリチュアルなテーマになるかもしれません。アウトドア・ボディーワークに出会いや成長の鍵が。

やぎ座の2020年の運勢

仕事運:今年いっぱい、まさに木星・土星・冥王星が滞在する星座である山羊座。今年は12年に1度のラッキーな波がきておりパワフルな1年となりそうです。これから数年で成し遂げる目標を掲げるのにふさわしい年です。しかしそれは、またとないチャレンジやたくさんのやるべき仕事もモラたすため、仕事とプライベートのバランスに気をつけましょう。

恋愛運:人気が高まる幸運期なのに、時々寂しさも感じる年。または、あまりにもたくさんの人に囲まれて疲れるために「一人になりたいな」と思うかもしれません。無理のない正しい取捨選択とバランスが、幸運期を過ごす鍵になります。

みずがめ座の2020年の運勢

仕事運:3惑星の集合が「裏方」を意味する第12室で起きる2020年は「いったんしゃがむ」忍耐の時。水瓶座が活躍するのは年末からです。異動や転職で新たなスキルを身につけなければならない可能性が高いでしょう。この1年でアップデートしたスキルは、年末から来年にかけての成功の基礎となります。

恋愛運:仕事の変化にともなって交友関係にも変化がありそう。パートナーとこの変化を乗り越えられれば、2人の関係はより強固に。年末からやってくる12年に1度の幸運期には、次第に人気が上昇していくでしょう。

うお座の2020年の運勢

仕事運:引き続き、感受性と才能が豊かな魚座はチームメンバー全員に好影響を与えるプロジェクトの重要人物です。魚座の天才的な創造性や和やかさが周囲に伝わり、最高の成果を生み出すことができます。しかし、厳しいプレッシャーや黒い悪意に晒されると途端にスポイルされてしまうところもあるため、社内政治にはくれぐれも要注意。

恋愛運:魅力的なあなたの周りには友人や知人がますます増える年になりそう。特に年下に縁があります。イベントやセミナーなど、大勢の人が集まる場所に幸運が。

まとめ・2020年を素晴らしい年にするために

ことしは運勢を司る惑星が一つの星座の位置に3つもあつまるステリウム(惑星集合)が起きるため、どの星座にも大きめの影響があるようです。それぞれ、その惑星集合の位置(山羊座)との関係によって支配される人生の要素が異なりますので、星座によって人生のどの側面に変化があるかが異なります。興味深いですね。
お読みになったあなたの2020年が素晴らしい一年になりますよう、心より応援いたします。

IMAGE: PIXABAY